category: 未分類  1/2

勉強の慣性

No image

泉中の中3理科は(珍しく教科書通りに)物理を進めていますので、「慣性の法則」が出てきます。「慣性」とは、「物体に力がはたらかない、または力がつりあっているとき、静止している物体は静止し続けようとし、運動している物体はそのままの速さで等速直線運動をし続けようとする」という長ったらしい性質のことです。一言で言うなら、「車は急には止まれない」でしょうか(若干違う)。この慣性、日常の感覚でも十分に感じるこ...

  •  -
  •  -

塾はお休み、でも代わりにテスト

No image

本日の小中学生はGW中授業がない代わりに、春期~4月に学習した内容の達成度確認テストです。全部休みにしちゃえば良いのですが、なかなか色々あってそうも行かないのです。昨日は螢田教室公式LINEを通じて何人かの生徒から質問が飛んできました。こうして1つ1つのテストに向けて、きちんと準備をして臨む姿勢が継続することが、定期テストに向けて大きな意味を持ちます。質問が来るくらいですから、だいぶやる気が感じられます。...

  •  -
  •  -

神奈川県公立高校学力検査-理科の分析

No image

学力検査が終わったあとの生徒が続々集まり、つい先ほどまで明日の面接試験の練習を順番にしていました。本日は自己採点禁止、と言ってありましたので、皆お互い不自然なほど学力検査の話はしていません。今そんな話をしていても、全くメリットはありません。まずは前を向き、残り200点分の面接試験を取りに行く事に全力を注ぐべきだからです。今日練習しに来た生徒にはできる限りの事を伝え、送り出しました。既に結構遅い時間な...

  •  -
  •  -

中3生入試前最終授業終了

No image

突然ですが、現在の神奈川県の公立高校入試を突破するのは、教科書のレベルが解けることを目指した家庭学習組には大変負担が重く、情報面で大きく後れを取ってしまうこともあり、圧倒的に通塾者が有利な状況です。それは即ち、我々が果たす役割に大きな意味があるという事の裏返しなのですが、塾に通っていなかった私からすれば、現代に生まれなくて良かったと心底胸をなで下ろしたくなるのが現代の高校入試です。何が言いたいのか...

  •  -
  •  -

まもなくコンサート

エコール学院30周年コンサートがそろそろ始まります。受付の準備を完了して、あとは観客の皆様を待つのみです。演者の皆さんがリハーサルをしていますが、あんなたくさん声を出したら本番で疲れてしまうのでは、といらぬ心配をしてしまいます。そこらはさすがプロの皆さんですね。私も高校のとき小田原市民会館の大ホールでライブ経験がありますが、リハーサルをしたら逆に緊張がMAXになりました。大ホールを埋め尽くす100にんくら...

  •  0
  •  -