category: 勉強法  1/4

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

ネットに頼らず自力で自由研究のテーマを決める方法教えます

No image

夏休みの宿題の代名詞、自由研究。中学生はともかく、小学生は大変だと思います。だって、研究のやり方を習ってないですもんね。「どうやって研究するか」「どんな実験をするか」「どうやってまとめるか」こんなの、普通に教科書を進めてるだけじゃ習いませんから。一方、中学生は日頃実験を行いレポートをまとめる作業を繰り返しています。実際に実験をしているわけですし、考察を書く練習も行っています。これで「やり方がわから...

  •  -
  •  -

歴史を勉強してみたら苦手になる理由がちょっと分かったかもしれない

No image

以前は試験対策特訓で受ける質問の大半が数学や理科だったのですが、最近は国語や社会の質問が増えてきました。相変わらず英語の質問が少ないのは、英語力が質問できるレベルに達していないか、英語をナメているかのどちらかだと思いますので、何とかしなくてはいけません(細かく勉強している生徒は質問してきます)。さて、何を隠そう私は社会が嫌いでした。ウチのOBはほぼ全員知っていると思います。「トミーには社会を聞くな...

  •  -
  •  -

小中学生が作文を書くときに1番気をつけたいこと

No image

来週からGWが始まります。毎年、ウチの塾では神奈川県私塾協同組合主催の作文コンクールへ応募する作文を、GWの宿題にしています(もちろん他にも宿題が出ますが)。小学生・中学生が作文を書く機会はそれほど多くありません。少しでも機会を作ろうという目的で、強制的に書かせているという訳です。世間でささやかれているように、一昔前と比べて、最近の小学生・中学生は文章を読む機会が減っています。では書く機会はどうかとい...

  •  -
  •  -

ケアレスミスを無くすために今すぐ直したい1つの習慣

No image

我々塾講師が嫌というほど目にする、テストの反省ナンバー1はやはりコレ。「ケアレスミスが多かった」ごめんなさい、本気で聞き飽きました。レコーディングノートのコメントを見ても、「ケアレスミス」が飛び交っています。しかも、同じ子が何度も何度も何度も……もう何かの呪文にしか聞こえません。まあ、体の良い言い訳ですよね、ケアレスミス。「本当はできるはずなのに注意不足だから×になってしまった」とでも言いたいのでし...

  •  -
  •  -

勉強をナメるな!テストの答えを覚える無意味さとは

No image

土曜にやったファイナルテストの出来が悪い生徒が追試を申し出てきました。本来土曜日のうちに完璧にしなくてはならない内容なのにも関わらず、このまま満点が取れるまでやり続けていたら午前様になってしまうのでやむなく自宅に帰したのです。日曜を挟んで追試をする以上、それはそれは完璧にしてくるでしょう。嫌な予感はしていたのです。だから採点をするときちょっとした質問をぶっ込んでやろうと考えていました。追試は英語の...

  •  -
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。