-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
27 2015

2015年春期講習開始

2015年の新学期授業が始まりました。

初日はオリエンテーション的な要素がほとんどです。私の授業の大半が授業の受け方に始まり、学院生のルール周知、宿題のやり方、確認テストの勉強の仕方などを伝えることで消費されました。ですが、体験生も多い年度最初のオリエンテーションを欠かすと、後から徹底するのは難しくなります。プリント4ページにびっしりと文字を詰め込み、細かく説明しました。

宿題管理が成績を伸ばす


今年から宿題の管理は一層きめ細かさを増します。にわかに信じがたいのですが、大量の宿題を出しておきながらロクに管理をしないで済ますような塾も少なくありません。明らかに友人の解答を写している、そんな生徒を発見したとき、まずは厳しく叱り、そして正しいやり方をする意義を諭し、意識面と技術面の両面から生徒を指導していく。これって相当なエネルギーを要するんです。だから、「とりあえず形だけやってあるから良しとするか」と済ます講師が一定数存在します。日々の仕事で忙殺されている若い専任講師に多いでしょう。

まあ、気持ちが分からなくは無いですが、そんな程度の意識では生徒の成績が低迷してしまいます。もとより私は宿題忘れに超敏感です。適当に宿題をやってくるような輩に対してはシビアな対応をします。(だから忘れる生徒がそもそもいません)。ただ、もう少し生徒自身が頭を使い、工夫して問題に取り組めるようにしたいと考えていました。そこで、システム面を整えてどの生徒もきめ細かく宿題をこなせる事が可能になるよう改良しました。それが今年からのシステムです。

詳しくは宿題マニュアルをよく読み、実行して下さい。

アメとムチ


そんなわけで、今年は生徒にムチを入れる機会が多くなるでしょう。宿題のシステムにしても、軽々しく考えている生徒は多いはずです。ですが、私にゴマカシや嘘は通じません。長く通っている生徒はよく分かっていると思います。どこまでこまめにやれば良いんだろう……と不安になるくらいが丁度良いですね。

もちろん厳しいだけでは心が折れてしまいますから、当学院のアメシステムがそれを支えます。(知っている生徒からは「文字通りアメだろう」というツッコミがありそう。それは君の運が悪いだけです)

でもごめんなさい、今景品を切らしてしまい、お待たせしている生徒が何人かいます。君たちの頑張りが報われるよう、よい景品を用意しておきます。特に通称「トミー賞」とか。我が愛しのロフトに行って商品を仕入れる暇ができたら補充します。

でも、何よりのアメって、成績が上がることなんですけどね。
関連記事

春期講習 宿題

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。