10 2015

中1覚醒か!?(可能性20%)

エコール学院冬期講習会の案内はこちらです。教室の窓にも冬期講習会の募集掲示を行いました。相変わらずデザインのセンスはイマイチですね。

何が困るって、色のセンスが無いことです。このブログのデザインが思いっきりモノクロなのも、色のセンスの無さが露呈しないようにしたからなのです。本家サイトの冬期講習案内画像も自作ですが、やはり色の使い方に工夫がありません。この辺は才能が無いと言うことで処理しておきましょう。

色のセンスに比べると、勉強は楽です。センスの有る無しに関わらずある程度まで成果を出すことが可能だからです。

ところで、中1美術で(泉中学校では)寒色・暖色の学習をします。教科書の知識は生かしてなんぼ、ちゃんと掲示物にも生かそうと思ってしばし考える……冬らしい色って何でしょう?

冬といえば寒い=寒色と発想すれば、おのずと青系でまとめるようになるでしょう。ですが、暖房などで暖まるイメージもありますから、暖色という選択肢もアリではないでしょうか。また、25日から講習会が始まるので、クリスマスカラーという選択肢もまた捨てがたい。余談ですが、クリスマスカラーである赤と緑はめちゃくちゃ相性の悪い色なので、素人が下手に手を出すと痛い目を見ます。

余談と言えばここまで全てが余談でした。

覚醒しつつある中1


のうち、数名(笑)

テストが終わって以来だいぶ多くの話を中1には伝えました。やっている事に対して目標だけ高すぎる中1の甘ちゃんたちは、そろそろやった分におおかた比例する事が実感できてきたようです。このままではいけない、という危機感を持っている様子は目で分かります。

ならばということで、勉強のペースや分量、1週間のルーティンなどを毎回話していました。

そして今週に入って。
まず1人火曜に勉強に来ました。

彼が塾に入ってきたとき、実は私の脳内では???が飛び交っていました。

「あれ?あいつ呼び出したっけ?忘れてるだけかな?」と考えていることは表情に出さないようにして彼を眺めていると、どうやら理科の勉強をしにきた様子。ようやく呼び出して忘れてたわけではないことが判明し、安心する私。

ですが、私が焦ったのも無理は無いと思います。

呼び出しもせず、呼びかけもせず、完全に自主的な通塾をしたのはこれが初めて。受験勉強をしに来ている中3、テスト勉強をしに来ている高2に混じって黙々と勉強をしています。

元々集中の持続に難があるタイプなので、時々ぐだーっとなりつつも、力を振り絞って再び机に向かう。試験対策で呼び出されている3時間より、自発的に取り組む2時間の方が圧倒的に意味のある学習になります。

それを自覚するようになるのが、いわゆる「味をしめる」ということ。ぜひ続けて欲しいですね。


さらに昨日の授業後、課題の採点や追試など、一通り終えて高校生の指導に移りました。でも、中1の教室に残って誰かが勉強をしている様子。

のぞいてみると、私が授業中に呼びかけたとおり、塾で習ったところまで学校の問題集を解く子の姿が。ちょうど確認テストの範囲に該当する部分です。今まで居残り以外に残って勉強をしていたことはありませんでしたので、正直驚きました。

結局22時まで1人で黙々と問題集を解いていきました。実は、授業中も基本的な作図技法がスラスラと使えていたのです。月曜に教えて既にサクサクと使えているということは、かなり練習をしてきたはず。同じような状態になっている子が3人、まだたどたどしいのが数人、全然身についていない子が2人でした。

宿題にどのように取り組んだかで、これだけの差が出るわけです。

今まで苦手だったものに向かい合いつつある中1の子たち。その1歩が大きな飛躍のきっかけとなることでしょう。


最後に再び余談ですが、お願いですから100円ショップでコンパスを購入しないで下さい。
その理由を今度、語ろうと思います。

きっとコンパスだけで4000字は語れるでしょう(相変わらず長い)。

関連記事

中1 自習 文房具

0 Comments

Leave a comment