-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
29 2016

春期講習は続く~確認テストの準備は万全に~

春期講習もあっという間に折り返しました。たった6日間ですので、気を抜くと何も得られずに終わってしまいます。そうならないように生徒谷値は極力具体的な指示を出し、勉強に取り組んでもらっています。

その1つが確認テストです。

どの科目も確認テストを行って達成度を測ります。科目によってその負担は異なり、今回最も大変なのが英語でしょう。中1はアルファベットを完璧にするだけですが、中2,中3は動詞の活用表を暗記する、ド定番の内容でありながら結構大変なテストです。

螢田教室は、初日の英語の授業でテスト内容の告知を行い、昨日テストを実施しました。その結果はともかく、取り組みが非常に悪い。一部生徒はほぼ書けない状態で来ている有様です。一体何のためにここへ来ているのでしょう?

告知といっても、実際に行うテスト用紙を配布しています。テストという観点から見たら、ただのカンニングに近い状態でしょう。何がどのような順番で出題されるか、100%分かっているテストで満点を取れないとしたら、能力うんぬんの話ではありません。

ただの努力不足です。

能力の話を持ち出すならば、確かに得手不得手はあります。私も暗記能力は低いので、かなり時間がかかってしまうでしょう。2,3回練習すれば良い生徒もいれば、何度書いてもなかなか覚えられない生徒も少なからずいるはずです。

そういう子はどうすれば良いか。そこにコツなどありません。1つだけ言えるのは、「覚えるまでやり続けること」です。

自宅で暗記練習をしたなら、必ず最後に「模擬テスト」をしなくてはいけません。指定の時間で満点が取れなければ、満点が取れるようになるまで自宅で取り組んでくる。それでも塾で本番のテストをするときにミスをする可能性はゼロではありません。

ですが、自宅でやって満点が取れる状態になっていないのに、塾で満点が取れるはずがありません。つまり、100%追試になることが確定している状態でテストを受けにやってきているのです。

もう一度言います。一体何のためにここへ来ているのでしょう?

塾は暗記を行う場ではありません。単語を何度も書きに来る場でもありません。新しい内容を身につけ、効率的な解き方を知り、正しい勉強習慣を教えて貰う場です。そして、本当に身につけることができたか、チェックをする場なのです。


私は学生時代野球部に所属していましたが、部活動にあまり熱心では無い私ですら、家で素振りをしたり、塀に向かって投球練習をしたり、自主トレを行っていました。それは、部活動という短い時間の中で技術を定着させるのは難しいからです。指導は受けるものの、1人にかけてもらえる時間はわずか。そこで得た知識や経験を自分の中に落とし込むには、相応の時間が必要です。それが自主トレなのです。

先日入試の面接練習の場で、部活動以外に500km走り込んだ、というアピールをした生徒がいました。部活動「以外」です。それだけの努力をしているから、部活動の場で認められ、選手として出場でき、そして結果を残すことができるのでしょう。


満点を取る準備をしてきてもなかなか難しいのが現実です。その努力もナシに、他の人より良い結果を納めようという考えが透けて見えます。勉強にそんなマジックはありません。

今朝のニュースサイトで「羽生 公式練習で8つのジャンプを全て成功」という見出しが躍っていました。世界チャンピオンでさえ、本番で全て成功するとは限りません。だからせめて練習の段階では完璧にしておくことを目指し、努力をしているのです。

家で書けなかった単語が、塾に来て突然書けるようになる。そんな奇跡は起きません。練習で出来ないことが本番で奇跡的にデキるようになるのはマンガの中だけで充分です。

結局、満点を取りたいという意欲があるかないか、ただそれだけがその子の勉強の中味を決めます。中途半端にこなしている子は満点を取りたいのではなく、中途半端な点数を取りたいのでしょう。良い得点を取りたいという意欲があるから塾に来ているのだと思います。その意欲=やる気です。


まあ、泣くくらいならちゃんと事前に練習をしてきましょう、Aくん。


さて、主に中2のお話だったのですが、中3数学も式の展開公式テストです。10問を90秒間で解くこと、問題も事前に全て告知済です。授業中にも、自分で時間を計って練習して、できるようになってから来るように指示をしました。

中2との質の違いを見せつけてくれることを期待しています。


逆に見せつけられたらどうしましょう。




関連記事

中2 中3 確認テスト 満点

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。