19 2015

達成度確認テストについて

当学院は毎年連休期間はお休みとさせてもらっています。特に中高生は、5月や6月にテストがあるためハードな日程が控えています。誰が一番ハードかって、当然私なのですが、学生の皆さんも土日に授業が連発するのでそれなりに大変です。ですから、ハードになる前にちょっとだけ骨休めをしておいてね~というわずかばかりの心遣いだと思って下さい。私もその後控えるウルトラハードモードに向けて心身ともに準備を整えておきます(現在絶賛風邪っぴき中ですが)。

今年のGWはそれなりに休みが長く取れる日程になっているようですね。当学院はもともと祝日をお休みにしていますが、連休の狭間に平日が何日か挟まれています。その分は前もって25日に振り替えて、テストを実施しています。これが今回実施する達成度確認テストです。

学校の4月は開店休業みたいなモノですから、ほとんど授業が進行していません。対して塾は学校が定期テストに向けてここまで進むだろうという予測の元組み立てたカリキュラムに沿って進めています(だから、第1回テストでちょうど学校が追いついてくるはずです)。ここまで学習してきた内容と、前学年の最後の内容がどれだけ定着しているかを試します。新年度から宿題の取り組みを活発に行っていますが、こちらの助言の通りに正しく行っていた生徒は、それにふさわしい成果が表れると思います。表面的に取り繕っていた生徒はここでボロを出すはずですので、結果に対して私はシビアに対応するつもりです。

今週の授業時に連休中の指示をいくつかします。10日間くらい何も勉強しなかった頭が腐ります。せっかく鍛えてきた能力ですから、連休を有意義に過ごしてさらに伸ばしましょう。
関連記事

全学年へのお知らせ 宿題

0 Comments

Leave a comment