05 2016

達成度確認テストまであと少し

私はテストが結構好きでした。でも、それは中学生までの話で、高校に入るとテストがたいへん苦痛だったのを覚えています。あ、それでも大学受験はそこそこ楽しみでした。

別に私が変人な訳ではなく、世の中にはテストが好きという人種が一定数います。その人たちは「腕試し」が好きなのです。

テストに向けて勉強を積み重ねるのは当たり前の事ですが、その成果は本番のテストをしてみないと分かりません。自分に力が付いているのか確かめること無くストイックに勉強を続けていくのは相当に辛い作業です。多分自分の学力を数値化してくれるアプリでもあれば、きっとモチベーションの高まる生徒は爆発的に増えると思います。

貯金が趣味な人は、預金通帳の金額が増えていくのを見てニヤニヤするのです。
ダイエットにはまる人は、体重が減っていくとやる気が一層高まります。

結果が数字に表れるのは、それだけ嬉しいことなのです。

テスト好きな人種は、テスト勉強を人並み以上にしています。それだけに、結果が欲しくて欲しくてたまりません。努力の成果が形になるのを夢見て勉強をしているからです。

さて、本日は達成度確認テストです。

その名の通り、現時点での達成度を確認するのが目的です。テスト範囲も学校の範囲と同一。難易度は基礎学力の確認が目的なのでやや易しめです。とはいえ、高学力層の反省を促すようなフックの効いた問題も交え、ここまでの勉強の進み具合を明瞭にしようという内容になっています。

生徒の中には、このテストがイヤでイヤで仕方が無い子もいます。それは、準備不足を自覚している証拠。繰り返しが足りなくて自信を持って解ける問題が少ないのかもしれませんし、そもそも全範囲を勉強し終えていないのかもしれません。

でも、まだテストまで1週間あります。

一番怖いのは、テスト本番まで全く試す機会が無いことです。ここで自分の力を客観的に見つめ直し、残りの期間の勉強計画を的確に立て直していけば、本番での更なる伸びが可能です。

このテストを待ち望んでいる子は、相当な準備が整っているのでしょう。むしろ、自分が間違えるような問題が見つかることを楽しみにしているのかもしれません。それならぜひ満点を取り、更に上のレベルの演習をしていくべきです。

さあ、これからテスト開始です。テスト開始時間が近づいてきたので、続々と集まっています。

ちなみに、中2で一番得点の高い子が「テストイヤだなあ」と入ってきました。きっとまだ満足の行かない部分が残っているのですね。

逆に、根拠の無い自信に満ちあふれた子が数名いるので、私は不安でしょうがありません。
残り期間、徹底的に鍛え上げてあげねば……。
関連記事

中1 中2 中3 試験対策 達成度確認テスト