-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02 2017

塾はお休み、でも代わりにテスト

本日の小中学生はGW中授業がない代わりに、春期~4月に学習した内容の達成度確認テストです。
全部休みにしちゃえば良いのですが、なかなか色々あってそうも行かないのです。

昨日は螢田教室公式LINEを通じて何人かの生徒から質問が飛んできました。
こうして1つ1つのテストに向けて、きちんと準備をして臨む姿勢が継続することが、定期テストに向けて大きな意味を持ちます。
質問が来るくらいですから、だいぶやる気が感じられます。
もっとも、得点が取れていない生徒は連休明けにキツいメニューが待っているため、それが嫌で頑張っているのかもしれません。
まあ、動機は何もで良いでしょう。

時間の意識が薄い小学生たち


夕方には小学生たちが先んじてテストを受けました。
半数くらいは今年度から入ってきた生徒のため、テスト慣れしていません。
そのため、時間の使い方がハチャメチャな子が大半。

40分間のテストを多くの子が20分程度で終わらせています。
このパターンは、大きく2つに分類されるでしょう。

1.問題が簡単すぎてあっという間に終わってしまった
2.問題を適当になぞっているため大した時間もかからず終わってしまった

1なら大変素晴らしいですが、それは学年で1,2名いるかどうかのレベルです。
残念ながら私が指導している生徒にそのようなレベルの子はいません。
いわゆる普通の子(偏差値にして40~60あたり)です。

つまり、2ということでしょう。
算数は計算のスピードが大きく時間を左右しますから、速く解き終わる生徒が出るのも頷けます。
国語は問題文を読まなければ読まないほど、どんどんスピードが上がります。
算数は多くの生徒が時間いっぱい使っていたのに対し、国語が圧倒的に早い。
これは明らかに「問題文を読んでいない」のが原因です。

小学生に「問題文を読みなさい」と言うと、多くの子が「本文」と勘違いします。
本文ではなく、問題文から何を聞かれているのか、またどのように答えるのか、これらを正確に読み取っていくと、とても半分の時間では処理しきれないはずなのです。

テスト終了後、そんな話をいくつかしました。

今書いていて思い出しましたが、運転免許の試験は「とても簡単」な部類に入る試験ですよね。
途中退室が認められている試験のため、私は免許取得当時、「一番に退席する」というよく分からない縛りプレイをしていました。
若気の至りですね。
ちなみに、私が最初に退出してから30秒もしないうちに2番目の人が出てきました。
ライバル現るっ!と思ったら、その人はトイレに直行していましたが。

話がそれました。

採点をしてみたところ、私の危惧とは裏腹に国語はできています。
当然の話で、彼らはすでに本文を「知っている」からです。
春期講習の授業で、その本文の要点や文章構造も教わっています。
知っている文章を読まないのは当たり前の話で、いきなり問題を解き始めるから早いのですね。
もっとも、今回のまとめテストは習ったことができるかどうかのチェックテストなので、本来の役目は十分に果たせているのですけれども。

ということで、あらかじめここに書いておきますが、今回の「国語は」本来の実力以上にできています。
私たちは彼らが初見で解いた時点の読解力を目の当たりにしていますので、あまり信用はしていません。
ですが、点数が取れたというのは少しは文章を読み解くことに慣れてきた証でしょう。

さて、一方の算数は極端に差が出ています。
今の学年の内容を春期講習から始めている生徒は、学校での演習に加え、塾で十分な演習量を確保しているため、非常によくできています。
ところが、4月から入ったばかりの生徒は、新しい学年の内容がまだ十分に演習できていません。
今回できていない部分を狙って、かなりの演習を積まないといけません。

また、特に低学年に顕著なのは、前の学年の内容をさっぱり忘れている子たち。
さすがに小6生は素晴らしいですね。
満点の子を筆頭に、殆どが9割近い得点です。
前の学年(というか今までの全学年)の計算もほとんど完璧でした。

小5以下は……かなり課題が山積みです。
入学して日が浅いのもありますが、ここに来て弱点がバンバン露呈してきました。
私はチャンスと捉えています。
出来ていないものが何だか分からないよりはるかに伸ばせる機会だからです。

連休明けに返却するとき、それぞれの生徒に作戦を授けましょう。
中には今の学年の勉強より大変なものもありますが、頑張ってもらいましょう。

中学生はまだ採点を全くしていません。

嘘です。
英語だけ終わりました。

まだ全体の傾向が掴めていませんので、じっくり採点しながら今後の対策を分析します。
これまた連休明けに各自へ指示を飛ばすことにしましょう。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。