01 2017

勉強は修行とリベンジの繰り返し

中1生の授業でのこと。
ちょうど苦手とする部分の演習に入ったこともあり、苦戦が続いています。
文字式の計算は難なくこなせますが、それを使って数量を表すとなると、小学生のツケがやってきます。

特に尾を引くのが「速さ」と「割合」です。

まさにこの2つでつまづいており、4問中4問きれいにミスをしました。
割合は、小学校時代に全く理解できていなかったようで、原理が分かっていません。
割合の本質を一言で言えば「ただの分数」です。
先日の中3選抜クラスの理科で解説したのもこの「割合の本質と活用」でした。
中3のトップクラスでも本質的な理解をしているかと言われれば怪しいのですが、「く・も・わ」みたいな変な小技に頼ると、全く難しい問題に歯が立たないビギナーになってしまいます。

中1生にも理解できるよう、割合の本来の意味をさらっと数分でまとめ、解説しました。
とりあえず理解はしたようですが、その後が悪い。

まずメモが不足しています。
計算の途中式とかは丁寧に板書を写すのに、本筋と離れたものに対するアンテナが鈍すぎます。
そこには本筋と離れるだけの理由があり、それゆえ重要性が高いということなんですけどね。
小6生に1名メモ魔がいますが、彼女を見習わせたいくらい。

解説を理解するのは簡単です。
そりゃ、こちらも分かるように話していますからね。
問題は、帰宅した後自分で反芻しなければならないということです。
メモが不足していると、記憶からすぐに吹き飛んでしまいます。
忘れずに復習をしたいならおのずとメモに手が伸びるはずでしょう。

そして、間違えた問題のチェックをしていません。
間違えた問題はテキストにマーカーで印をつけ、解き直すことを忘れないように工夫をするのが普通ですが、私の解説をノートに写して終わりにしようとしています。

そこで、おそらく耳に何重もタコができるくらい聞かされている話ですが、間違えた問題の理想的なフォローの仕方を再度説明しました。

まず、すぐにミスの原因を探る。
これは解答と解説を熟読し、理解すればOK。
その後、すぐに解き直す。

これでその場では当然解けるようになるでしょう。
問題はこの先の取り組み方です。

間違えた問題そのものを解けるまで解くのは当たり前ですが、ちょっと数字が変わったりしたら解けない、なんてことはよくあります。
問題集から似たような問題を探し、集中的に演習します。
理解した解き方を異なる数字で何度も繰り返すことで、肉付けができるのです。

そして、最終的ににっくき間違えた問題に戻り、本当に自分の力で解けるかどうか試すのです。

少年マンガの王道ですね。

強い敵にボコボコにやられる
自らの弱さを自覚して修行の日々
リベンジして勝利!

せっかく修行をしたのに、リベンジしないで他の敵に挑んだとしたら興ざめでしょう。
強い敵にやられて「俺はあいつにはもうかなわない!」なんて諦めたらそこで連載終了モノです。

でも、勉強では平気でおなじことをやらかしてしまうんです。
同じ問題を解かずに他の問題ばかりやってたら、間違えた問題が解けるようになったか、自分の実力が成長したか判断できません。
間違えた問題は「これは難しいからテストに出ないだろう」と勝手に諦めて簡単な問題だけたくさん解いても、計算が速くなるだけで難易度はいつになっても上げられません。

「修行してリベンジ」が少年マンガでも勉強でも王道です。

そんな説教を少年ではなく少女にしました。
ウチの教室、生徒の8割が女子なので。
きっとドラゴンボールとか知らないんだろうなあ……ワンピースの方が良かったでしょうか(1巻しか読んでませんけど)。

次回までに修行を積んだ上でリベンジをしなさい、と言ってあります。
果たして、修行の成果やいかに、といったところでしょう。
確認テストに出すのは見え見えですので、さすがにやってきますね。

中2生も次回数学の確認テストです。
前回は満点がたった1名しかいなかったので、今度は半数以上の生徒が仕上げてくることを期待しています。
でも中2生、この夏期特訓は良いテンションで取り組んでいます。
ひょっとすると、第2回テストで化けるのは中3生ではなく、中2生かもしれませんね。
関連記事

中1 中2 勉強法