27 2015

試験対策始めます

本日で泉中の試験2週間前となりますので、いよいよ試験対策が始まります。月・火の授業で出席者全員+体験を受けている生徒に試験対策レコーディングノートを配布しました。その際、いくつか生徒に課題を与えています。

1.レコーディングノートを読んでくること


このレコーディングノート、実はかなりの文章量があります。その情報量にしかめっ面をした人、残念ながらあなたはできない組に入ってしまいます。勉強に役立つ内容が網羅された文章ですから、勉強に意欲的な子ほど目を輝かせて乗法を吸収するはずです。私が中学生のときこのノートを手にしていたら、もっと学年トップが何回も取れたと思います。塾に行かせてもらえなかった私からしてみたら、正直言ってズルいの一言です。

ただし、このノートだけではダメです。管理とセットで効力を発揮するノートですから、適切な管理の下、運用する必要があります。その管理を私が全面的に担うわけですね。

2.目標点を記入してくること


目標無くして成果は得られません。しかも、常に自己ベストを狙わなくてはなりません。荒唐無稽な得点を目標にしても、それはやる気にはつながらないので、適切なハードルを自らに課す必要があります。

まず中1。彼らは初めてのテストですから目安が分からないと思います。ならば、まず目標は「50点」しかありえません。

ウチに通う生徒の多くは、小学校時代にテストで80点程度が多かったはずです。それは実力的に言うと、

ザ・並

です。できる子は基本的にほぼ全部満点ですし、中の上なら90点平均くらいです。そういう子が中学校に上がって、全科目満点を狙うなんてムリムリ、と思うかもしれません。

そうですね、そう思ったら無理でしょう。

ですが、考えてもみて下さい。中1の最初の問題に難問ってありますか?英語とか、アルファベットやI am~、You are~でどうやって難易度を上げるのでしょう。そこで低得点を取るのは、

寝てる

寝てないけど意識は夢の中

のどちらかです。いわゆる普通の学力(定義は難しいですが、私の説明を理解できているウチの生徒は全員普通以上の学力です)を持った中1ならば、できない内容があっては困るのです。だから狙うは満点。致命的に「暗記ができない」とか、「分数の計算ができない」なら、「覚えるまでしつこく毎日暗記」したり「小学校の復習をして分数をマスター」すれば良いのです。何のためのテスト勉強期間か理解していれば、そういう対策ができるのです。

さて、中2や中3になると、なかなか満点は狙えません。そこで、前学年+5点以上を目標にしましょう。30点を5点上げるのは、きちんとした方法で勉強をすればかなり現実的です。もちろん、40点を5点上げるのは全く別次元の話です。それは、私が個別にアドバイスを加えて勉強方法をアレンジしていきましょう。既に40点を取れる子は、ある程度勉強の型ができあがっています。その型を基本に、効率の良いやり方を加えてあげることでもう1歩得点を伸ばすことができるでしょう。

3.スケジュール表に日付を記入してくる


それだけです。

狙いはたった1つ、自覚を持たせることです。
スケジュール表に日付を記入することで、「ああ、今日はもう2週間前なんだ」という現実を直視してもらいます。そして、ここから自分の行動を記録していかなくてはなりません。

昨日レコーディングノートを配ったら、早速その日の記録を記入している生徒が二人いました。さすがですね。もれなく向上心の高い生徒です。二年生でこうなのですから、当然三年生は月曜や火曜の記録も書いてあることでしょう。本日チェックをするのが楽しみですね(あまり期待していない)。

保護者の方にはレコーディングノートのチェックをお願いします


保護者の方には手間だと思いますが、週末に保護者チェックを受けるよう生徒に指導します。サインをする欄がありますので、目を通してもらい、チェックをお願いします。コメントを書き込む欄も用意してありますので、何かありましたら書いて下さい。私は2日に1回見ていますし、私のコメントを各欄もありますから、返信も可能です。

1つ言えるのは、こういう道具を雑に扱う生徒は確実に成績が伸びないということです。弘法筆を選ばずと言われていますが、上手い人は何でやらせても上手いという意味であって、道具にこだわらないという意味ではありません。弘法だって良い筆を使えばもっと上手くなるでしょう。勉強を上手くこなす人は、自分なりのこだわりをもって道具を選んでいる傾向にあります。

だから、こういう傾向があったらあまり期待ができないと思って下さい。

・レコーディングノートがしわくちゃ
・名前すら書いてない
・スケジュールを記入していない
・1行反省が空欄
・スケジュールが殴り書き

そして、「諦めて下さい」というレベルがこれ。

・レコーディングノートをなくした

コレ、極刑です。毎日レコーディングノートを持参するよう指示をしていますので、なくしたらもう試験対策期間中面談が出来ません。レコーディングノートを可愛がるよう大事にすることが、得点アップに繋がると思って下さい。そう、だまされたと思って。
関連記事

試験対策 レコーディングノート

0 Comments

Leave a comment