03 2015

「自分の勉強」という意味不明な言葉

毎日試験対策の様子をレポートしていますが、本日はややふわっとしたお話。

塾に通っている生徒独特の言い回しに、「自分の勉強」というものがあります。生徒しか使いません。我々にはそんな概念が無いからです。

さて、どんなシチュエーションで使うのかというと、100%言い訳に使われます。

先生「じゃあ宿題は○○ね~」
生徒「えー!自分の勉強する時間がないよ!」

こんな感じ。

試験前に行う達成度確認テストを受けなかった生徒に理由を聞いてみると……

先生「なんでテストを受けにこなかったんだ?」
生徒「自分の勉強をする時間が無くなっちゃうから行きませんでした」

……思い出すだけでイライラしてきました。
この「自分の勉強」とは何でしょう?そして、「自分の勉強」以外の勉強があるとでも言うのでしょうか?

この禁断のワードを口にした生徒は今まで数知れず。ですが、例外なく「自分の勉強」をした生徒はテストで得点が取れません。

自分の勉強の正体


自分の勉強=学校の宿題です。決して、独自のテスト勉強を指しているわけではありません。もちろん学校の宿題をやらないのは許されません。しかし、塾へ行くというのは学校の勉強だけでは足りないからプラスアルファの勉強をしたいから行くわけです。特に、宿題を指示通りキッチリやりきるのは正直授業よりも重要です。今年の生徒は痛感していると思います。同じ授業を受けているのに差がついていくのは、この宿題に対する姿勢のためです。

学校の宿題も同じです。やり方によって差がつきます。これだけ大事な宿題を放置しておいた結果、期日が迫ってきて飛び出したセリフが、

「自分の勉強をやる暇がない」

なのです。じゃあ今まで遊んでいた時間は何だったのでしょう。いやいや、寝る間も惜しんで部活動に明け暮れているから、宿題をやる暇なんか無いんだ、という人がいるかもしれません。

いや、あるでしょ。

上のようなセリフを吐く生徒には、私の日常生活を教えてあげています。たいていはドン引きです。社会人なら、自宅で食事をしている時間と寝ている時間以外は働いているなんて人、ごまんといます。中学生にそこまで自分を犠牲にして部活に取り組んでいる子がいますか?というハナシです。

クラブチームで活動している子は別です。彼らはそれに人生がかかっていますので、中学生の枠では計れません。

自分の勉強に隠された本心


塾で勉強するのは何のためか、もちろんそれは成績を上げるためです。その塾でやっている勉強を差し置いて、「自分の勉強」と言ってはばからない。その勉強は成績を上げるためでは?なら、区別をすることがおかしいです。

例えば、検定の勉強は確かに「自分の勉強」です。また、将来を見据えてプログラミングの勉強をしている、なども「自分の勉強」です。ですが、不思議なことに本当の意味で「自分の勉強」をしている人に限って、「自分の勉強があるから~」とは言わないのです。勉強の優先順位が分かっているのだと思います。そして、間違いなく時間の使い方が上手いのでしょう。

「自分の勉強」という言葉を発する生徒にとっては、「塾の勉強=やらされている勉強」という認識なんだと思います。これが癌であり、本質でしょう。もちろん、学校の宿題もやらされている勉強です。だから、彼らにとって、全ての勉強がやらされている勉強であり、言葉では「自分の勉強」と言っているモノも、結局のところ自分のためになっていないという事です。

で、今年のハナシ


今年の試験対策中は、徹底して塾が生徒の時間を拘束し、管理しています。ブラックバイトも真っ青の拘束っぷりです。でも、彼らからは1回も「自分の勉強ができない」なんというセリフを聞きません。

要は、皆自分のために勉強をしている、それを認識しているのでしょう。こちらはそれをやりやすく手助けし、軌道を修正し、正しい道を進ませてやるだけです。今回の試験対策の意義は、彼らが自分のための勉強を、自分で考え、自分で実行することにあると考えています。

さて、本日で試験対策は折り返しです。レコーディングノートに記入された保護者の方々のコメントを全て読ませて頂いています。去年より勉強しているようだ、というご意見が多数を占めています。また、印鑑を押して頂けるだけでも大変ありがたいです。もう大多数の生徒が課題を終えて演習に取り組んでいます。このままの調子で、良い結果を残せるよう頑張って欲しいですね。
関連記事

試験対策 教育論

0 Comments

Leave a comment