29 2015

中1トレーニング中

テストが明けてからというもの、中1は引き締めを続けています。テストで(私の予想通りですが)満点に肉薄するような点を取れた子がほとんどいなかったので、高得点をキッチリ取り切るためのトレーニングを続けています。

例えば数学。先週の水曜日に出した宿題は、テキスト2ページだけです。これを、1日1ページずつ、2周させました。彼らが最もいやがる、「同じ問題をくり返す」ことを強制した形です。

それをふまえて本日行った確認テストは非常に出来が良かったです。15問やって満点が2人、あとの子も1ミスや2ミスに収まりました。もちろん1つでも間違えたら水曜日に追試ですが、ルールを無視して間違えたのではなく、答えの写し間違いなどです。数学において、解き方のルールや答え方のルールを間違えるのは致命的です。これは、理解をしていなかったり、練習が足りないことを示しています。

彼らはたった2ページの宿題をくり返すことで、計算のルールがマスターできたという事です。

わずかな宿題でも、正しい方法で問題を解き、解き直しまでちゃんと行えば、十分な効果が得られるという何よりの証拠でしょう。
きっと彼らも自分で理解をしたと思います。

そして、テスト直しも徹底させました。泉中の中1は、主要五科目のうち、英数国社の先生はテスト直しを提出させると聞きました。理科だけはテスト直しではなく、類題を演習して提出するとのこと。つまり、テスト直しはなおざりになっています。

これを塾でフォローしました。理科のテスト直しを塾に提出させたのです。これで全科目テスト直しを行ったことになります。

テスト直しの仕方は、レコーディングノートにある間違いリスト作成と同じ手法ですので、ノートを参考にすればちゃんとできるはずです。ところが、提出してきたテスト直しはヒドイものでした。

誤答と正答しか書いてない。
間違えた分析をしていない。
正答を出すためのポイントがまとめられていない。

テスト直しとしてやるべきことが何1つ達成されていません。
だから、生徒にこう問いかけました。

これ、意味ある?

返ってきた答えは、「ないです」でした。分かってるならちゃんとやろうよ!というワケで、何がテスト直しに必要なのかを再度指示して、再提出を命じました。

その再提出が本日だったのですが、出来上がったテスト直しに目を通すと、これがなかなか良いんですね。
「なんだ、ここまで書けるんじゃん!」と言いたくなりました(言いました)。

小学生からちょっと出世した中学1年生、今後も進化を続けて……脱皮くらいにしておきましょうか……いってほしいと思います。

余談


中1のうち、S君だけ再提出させませんでした。彼だけはテスト直しに必要な要素を全て盛り込んだものを一発で提出してきたからです。他のデキていない子たちにお手本として披露したくらいです。そのくらい、内容は素晴らしかったです。

内容は。

ですがS君、授業中にも言ったけど、全部シャーペンじゃダメでしょ……最低赤と青は筆箱に揃えておきなさい!
関連記事

中1 テスト直し 宿題

0 Comments

Leave a comment