07 2015

いよいよ前期最終日!ファイナルテスト

夏期特訓前期も本日が最終日です。朝から各学年のファイナルテストを行っています。

今日の高3


彼らにはファイナルテストが関係ありませんので、通常営業です。今日も自習に来た生徒がいました。

今日受けた質問で、「三角関数の合成で、ここの変形が分からない」というものがありました。確かに公式はあるのですが、どの教科書を読んでも、どの参考書を見ても、公式の運用の仕方がわかりにくいのは確かです。

三角関数の公式は、高1の三角比とほぼ同じです。また、三角関数の合成は公式というよりただの加法定理です。加法定理を並べて書いてあげたら瞬時に解決したのですが、これって原理を理解していないということです。三角関数は加法定理から10以上の公式が作れますので、それをちゃんと作れるように指示をしました。

何でもかんでも暗記に頼ってしまうのはよろしくありません。特に理系科目はそうです。私は暗記が苦手だったので理系に進みましたが、天国のようでした(←)。ぜひ暗記より思考力で勝負して欲しいですね。

小学生-驚異の伸び率


普段学校で実施しているテストとの違いが最も顕著だったのが小学生です。算数では式を2つ以上使う問題が多く出題されました。彼らにはそれだけで驚異です。国語ではボキャブラリーを重視しました。言葉の意味も知らずに読解力を鍛える、と言っても

プレテストでは散々な出来だったワケですが、その反省とリベンジを誓って勉強した特訓授業。国語では意味をたくさん調べさせ、理解しているかを毎回チェックしてきました。算数も、刃が立たなかった文章題に一矢報いるべくこまめなノート活用の練習をしてきました。

いずれも小学生が普段取り組んだことが無い、いやがるような勉強です。ですが、本当にみんな素直に頑張ってくれました。

その結果、ファイナルテストで飛躍的な点数の伸びをする生徒が続出しました。たった200点満点のテストですが、半数の子が100点以上の伸びを見せました。

……まあ、それだけ最初の出来がイマイチだったのは事実なんですが、できなかった問題ができるようになったのもまた事実です。これを自信の種にして欲しいと思います。

コレが本当の「やればできる」なんです。
この言葉はやった人にしか言う資格はありません。


中3-習ったことをいかに利用するか


中学3年生はプレテストがありません。入試を見据えた予習をしていくからです。予習ですから、プレテストをやっても0点になってしまいます。

プレテストをすると、テストの傾向はつかめてしまいます。プレテストをしていない中3にとって、今回のファイナルテストは学校のテストと同じ感覚です。何が出るか分からない、と言ったところでしょう。ですが、これも学校のテストと同じですが、習ったところしか出ません。授業で教えた内容から出題されています。

一番ガッカリしたのは、せっかく前期をフルに使って英語長文の読み方を指導しているのに、肝心のテストになるとそれを再現せず自己流で読んでいることです。たった10日間かそこらで肌に馴染むレベルに達するのは難しいと思います。でも、良い方法を習ったら、それを実践しなければ全く意味がありません。


前期を通して見ていると、勉強に取り組む姿勢がイマイチでした。確認テストで毎回満点を取るように指示をしました。授業で習ったことが完全に定着すれば満点が取れます。あとはいかに定着させるかを意識しながら宿題を解くのです。

今回のテスト結果を見る限り、まだまだその意識が薄いように思えます。勉強を作業と捉えているように見えます。勉強はこなすのが目的ではありません。理解するため、定着するため、頭の中にじっくりと染みこませるような意識をするのです。

今これを書いているとき、自習している2年生が質問に来ました。学校の問題集の質問です。私が質問に答えると、自分で大事そうなことを簡単にメモしています。この「メモ」が自分に染みこませるための手段です。

宿題を終わらせるためにやっているだけならメモは要りません。私が書いてあげた解説をそのまま写して終わりでしょう。それではできるようになりません。恐らく、あとで復習するために自分への助言を「メモ」したのでしょう。

中学3年生なら、そういう質の勉強をして欲しいです。前期を通してそういう勉強ができていたのはごく一部の生徒に留まっています。ガッツがない連中ではありませんので、後期は熱気を帯びた勉強に期待しています。

そんなわけで、ファイナルテストの見直しは必須です。しっかりまとめておくように。

中2-


相変わらず感心なのが中学2年生です。テスト開始時刻より前に来て、テストの準備をしている生徒が一番多かったのはこの学年です。受験生であるはずの中3を押しのけて、最も勉強する学年です。

授業が終わるのは21時過ぎであるにも関わらず、毎回のように残って質問や勉強をしている生徒もいます。学校の宿題の質問もたくさん受けましたので、かなり宿題も順調に進行しているようです。

そういうモチベーションの高い生徒にあてられ、影響を受けるようにしてやる気が出てくる生徒も出てきたり、なかなか良い雰囲気だと思います。

1つ注文を付けるなら、勉強とそれ以外の境界が曖昧なこと。勉強するために残っている生徒の脇で、ただお喋りをしたいがために残っている生徒がいます。授業中では無いのでお喋りをするなとは言いませんが、場所が悪い。喋りたい人は教室から出るべきですし、何より保護者が心配していますから、ムダに残っていないで早く帰らなくてはいけません。

そういう生徒が気軽に話しかけようとするもんだから、集中の糸を切られてしまうのを何度か見かけています。楽しく通ってくれるのはありがたいですが、勉強の場ということを今後一層自覚をしてもらうよう厳しく指導しましょう。

ファイナルテストの結果は平均すると良好です。ただ個人差があります。特に欠席があった科目はかなりの確率で伸びていません。ナツトク五ヶ条の第二項「休んだら効果ナシ!」の通りですね。ちゃんと欠かさずビデオを見た子は遜色ないレベルで伸びていますが、2年生はビデオ補習の利用率が低かったですね。


中1-覚えることを諦めない


数学とそれ以外の科目で平均点がガラッと変わるこの学年、それはファイナルテストでも相変わらずでした。

冒頭の高3の話でも触れましたが、数学は暗記の比重が極端に少ない科目です。1つ覚えれば軽く5点分くらい稼げてしまいます。対して彼らがいやがる英語や社会をはじめとした暗記が重要な科目は、1つ覚えても1点です。

得点を稼ぐために必要な手間が多いのがイヤなのでしょう。

そんなことはこちらも承知していますので、ナツトクは一般動詞64個暗記のミッションを課しました。大量に暗記をする際のやり方や注意点も伝えた上で、努力を要求しました。

結局完璧と言えるのは1名だけ。残りのメンバーは後期に毎日テストをしましょう。とにかく満点が取れるまで呼び出しとテストを続けます。そうやって、やりきる事の大切さを学んで下さい。

とはいえ、ファイナルテストはそれなりに得点が伸びています。もちろん伸びなければ来ている意味は全くありませんから当然のこと。でも、もっと伸ばせたんじゃないの?と思ってしまうのは、彼らの底力を感じるからです。早く「やればできる」と言えるようになっていきましょう。


さて、これでしばらくのブレイクです。
中学生は後期までに宿題を完了させる事。それができなければ次のテストはアウトです。

その点中3はさすがです。彼らは後期にガンガン鍛え上げてあげることにしましょう。
関連記事

夏期特訓 小学生 中1 中2 中3 高校生 テスト

0 Comments

Leave a comment