08 2015

新学期開始を控えて

いよいよ明日から4月の授業が始まります。とはいえ、既に新学期授業は春期講習からスタートをしています。ありがたいことに4月から体験生が何人か加わりますが、最初は少しついてくるのに苦労をするかもしれません。

中3にはこの休み中、数学で1つ課題を出しました。毎日指定のページを解くだけですし、1回解くのに5分程度しかかかりません。7日間休みがあったので、5分×7日=35分程度の課題です。これを指示通り7日間きっちりやった子と、7日分を慌てて今日やっている子で相当な差がついてしまいます。(今日ならいいですけどね……授業の直前にやっている子は問題外です)

日々の取り組みが大きな差を生む、典型的な例です。ぜひ彼ら中3が真剣に取り組んでくれていて欲しいと願っています。こればかりは私にはどうしようもありません。課題の意義はちゃんと伝えたつもりですし、まとめてやったら意味が無いとも言いました。やはり、アドバイスを素直に聞く生徒は伸びます。

さて、春期講習はどの学年も厳しめに授業が進みました。どの科目もやるべき事がハッキリしています。それは、確認テストで満点を取るための準備をしてくること。実にシンプル。それだけに、生徒が小さい目の前の課題に向けてコツコツと取り組んでいる様子が伺えて、大変良い講習会だったと思います。一方、コツコツ取り組むことに慣れていない子にとっては、相当負担がかかった講習だったのではないでしょうか。ですが、「できるようになりたい」ならばついてきて欲しいと思います。

新学期は平均8割超えを目標にしてもらいます。テスト前だけの付け焼き刃にならないよう、今から取り組みをしていきましょう。ちなみに小学生は平均8割ではダメですし、高校生は平均8割取れたら学年上位です。これについてはまた詳しく書くつもりです。
関連記事

新学期 中学生

0 Comments

Leave a comment