-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26 2015

もう試験2週間前!試験対策開始します

ターゲット校である泉中学校の試験まで2週間になりました。前回夏期特訓の後半が始まったというブログを書いたと思ったら、あっという間に試験対策が始まってしまいました(1週間も記事を書かなかっただけですが)。

夏期特訓前期と違って、後半は試験に向けてやることが多く、授業をしていない時間はほとんどテストを作っていました。つい最近秘密兵器をポケットマネーで購入したため、テスト作りがとてもはかどるようになったのです。

調子に乗ってテストを大量に作っていたは良いのですが、試験対策テキストの編集も重なっててんやわんやに。ようやく試験対策初日を迎えましたが、もう既に私のライフは0です。

ですが、試験勉強で頑張るのは私ではありません。与えるものは与えきりました。あとは生徒自身が頑張る番です。

エコール学院の試験対策は授業ではありません。生徒が勉強を自己管理できるよう具体的な指示が満載されたレコーディングノートを軸に、各自が勉強を進めていきます。

学校の問題集をただ提出の為だけにやるのは時間のムダ。自分の弱点探しと達成度確認のために使わなくてはいけません。塾の試験対策テキストは非常に分厚いのですが、それをやり切るだけの根性と時間が必要です。

前回の試験対策を終えて、各自に反省点を記入してもらいました。その中で多かったのはこんなコメントです。


「時間が足りない」


実はこれ、勉強時間が多い生徒から多く聞かれるコメントなのです。40時間程度の勉強時間を積み重ねてもなお足りないという。それこそ勉強の本質が見えてきた、という事だと思います。

勉強は、やり始めると止まりません。そして得点を取るためには、どれだけ暗記や演習に時間をかけても足りるはずがありません。

親に「勉強したの?」と聞かれて。
「もうやったから大丈夫」という子どもがいます。

そんな薄っぺらい「大丈夫」なんて、何の根拠も信頼もありません。
本当に高得点を狙うなら、どれだけ勉強しても直前は不安でいっぱいです。だからもっと勉強に向かい合うことができるのです。


今回生徒たちに期待したいのは、自宅での勉強を増やすこと。
もしくは、指定された時間以外の通塾をすること。

こちらが指定しているのは1日たったの3時間です。足りるはずがありません。

塾が始まる前にウォーミングアップをしてくること。
家でそれができないのなら、学校から帰ったらすぐに塾へ来ること。

家に帰って勉強のまとめをすること。
それができないのなら、残って最後のツメを塾でやって帰ること。

勉強なんてやったもの勝ちですから、いくらでも努力の余地があります。
さあ、ここからどれだけやりきるか、しっかり声がけをしていきたいと思います。
関連記事

試験対策 中1 中2 中3 夏期特訓

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。