-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07 2015

自発的に勉強ができない君たちへ

試験まで残すところ2日、ラスト2回となった試験対策が先ほど終了しました。塾で強制的に勉強させられるのもあと1日。明日が最後です。前回のテストは、最後の追い込みとなるテスト期間中の勉強に甘さが見られました。また、夏期特訓から入塾したメンバーも、テスト期間中の勉強時間を聞いてみると、ほとんどやっていません。

ほとんどやっていない、とはどのくらいかというと、2~3時間です。「なんだ、やってんじゃん」と思ってますか?2~3時間はやっているうちに入らないと思います。テスト期間中は午前中で学校が終わります。給食があれば、学校を出るのは13時頃、自宅へは13時30分には着くでしょう。23時に寝るとして、何時間残されているでしょうか。

9時間30分です。

23時なんて寝るの遅すぎるよ!22時には寝るよ!という中学生もいるでしょう。まあ、部活の朝練もあるし、6時前には起きなきゃいけないような人は、確かに22時頃には寝る必要があるでしょう。でも、テスト期間は朝練無いですよね。そんな朝早く起きる必要は無いですし、いいとこ6時30分くらいに起きれば万全ではないでしょうか。


テスト前日に22時に寝るとか、貴族ですか。


睡眠時間については様々な意見がありますし、家庭での教育方針があるでしょうから、あまり突っ込みません。ですが、小学生のとき20時半に寝るよう強制されていた私ですら、テスト前は23時就寝でした。その代わり、23時をすぎて勉強をしたことは1度もありません。

まあいいでしょう、多少早めに寝たところで大した影響はありません。肝心なのは、9時間30分ある時間の中で、どの程度が勉強時間に割かれているか、その1点です。生活していく上で欠かせない、食事や風呂などは最優先で良いです。(中3生、これは家庭科の基本的生活習慣のうちの2つですよね?)

さて、食事や風呂に何時間必要でしょうか。

食事30分、風呂30~40分が妥当なところでしょう。異論はあると思いますが知ったことではありません。いつも週末の試験対策では食事休憩を40分取っています。買い出しに行く時間も含めてその時間です。実際に食べている時間は20分程度です。じゃあ、30分で足りるじゃないですか。女子は長風呂の子も多いでしょうが、テスト前くらい行水でも良いでしょう。モデルじゃあるまいし、半身浴で30分間とか優雅に入ってる場合じゃありません(※風呂で単語の暗記をしている人はいいです)。

合計90分消費したとしても、残り8時間。2~3時間の勉強でやった気になっている子は、残りの5時間以上、何をしているんですか?

自分のしたいことは何かを考えて欲しい


時間が無いわけじゃない。でも勉強できない。そんなとき考えて欲しいことがあります。

「今一番したいことは何?」

例えば、家に帰りました。まだ帰ったばかりだから休憩をしよう、という人がほとんどでしょう。これは、「今一番したいことは休憩だ」と判断したからです。そこまで考えていないと思いますが、それは無意識にそれが自分にとってベストだと考えているからです。

だから、常に天秤にかけて欲しいのです。今一番したいことは何なのかを。

本当に得点を上げたいという人は、家に帰ってきてから何をしたいのでしょう。
休憩しよう、という行動より、

「勉強したい」

と考え、すぐに勉強に取り組むと思います。

眠気に耐えられないから昼寝をしよう、という決断をした人は、本当に限界だったのですね。だから、それはその人にとってベストな行動です。でも、得点を上げる事より優先したわけですから、当然テストの点は上がりません。

LINEが入ったから返信しなきゃ、と勉強の手を止めた人は、余程大事なメッセージが入ったのでしょう。それまで集中していたテンションが霧散しても、友人を待たせるわけにいかない!という判断をしたのです。

友だちに誘われたから勉強会に行く、と決めた人は、友だちがベストな選択だったのです。勉強よりも友だちが大事!という考えを否定する気はありません。でも、間違いなく私ならそうはしませんし、事実していませんでした。

保護者がいないから、まだ勉強しなくていいや、と考えた人は、保護者の目を優先したのです。テストで高得点を取りたいという欲求より、保護者の目の前で勉強するポーズを取ることが本質なのです、その子にとっては。幸せですか?


勉強を優先した人は、それだけ得点を取りたい、という意欲が強かった証拠です。

この優先順位は、時期によって変わるのが当然のこと。テストが終わった日にゲームより勉強を優先する子はあまりいないでしょう。何もずっとスマホをいじるのを我慢して勉強を選び続けろというわけではありません。

やるべき瞬間はある、ただそれだけの事です。

なかなか勉強ができない、という人は、「一番何をしたいか」を今一度考えてみましょう。
あなたが選んだその行動が、一番したいことです。それが勉強なら、あなたは「得点を上げたい!」という強い欲求があります。

その行動を結果は裏切りません。逆もしかり、ということです。

だからもう一度。今あなたが一番したいことは何ですか?


私は家に帰りたいです。(真剣)

関連記事

勉強法 試験対策 勉強時間

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。